撮影地メモ:清荒神~宝塚

宝塚線の末端部、清荒神~宝塚。途中の川面学校踏切は下り列車の撮影に向いているが、日中は清荒神駅すぐ西で上下列車がすれ違うので、被りリスクが高い。

■ 荒神道踏切

■ 川面学校踏切



 

荒神道踏切

■下り(宝塚方面)列車

【メモ】

清荒神駅のすぐ西側にある踏切。駅に接しているので、下り列車は駅を出たところ。

上り列車は日中ダイヤではほぼ確実にかぶる。

・備考 

◆北側から

梅田方向 宝塚方向
 

◆南側から

宝塚方向 梅田方向


清荒神駅から坂を下ったところにある荒神川の橋梁。ケーブルがなければ…

ところで、石積みの橋台が明治末期感があっていい。


↑ページトップに戻る



 

川面学校踏切

■南側から上り(梅田方面)列車

■北側から上り(梅田方面)列車

■北側から下り(宝塚方面)列車

■南側から下り(宝塚方面)列車

【メモ】

名前の通り学校の前にある踏切。上下列車とも撮影が可能。上り列車は若干窮屈でなんとか。

下り列車は上りが被って諦めそうになるが、下りは駅を出たてで速度が遅いため、定時ならぎりぎり上りが過ぎたあとに下り列車の撮影可能なタイミングがあるはず。

・備考 

◆北側から

梅田方向 宝塚方向
 
 

◆南側から

宝塚方向 梅田方向
 

眼の前の小学校は「宝塚小学校」という。調べたら、明治25年から昭和3年まで「川面尋常(高等)小学校」という名称だったそうで、明治43年の開通時には「川面学校」だったようだ。


↑ページトップに戻る



阪急宝塚線の撮影地一覧

■宝塚線(その2) : 宝塚 – 清荒神 – 売布神社 – 中山観音 – 山本 – 雲雀丘花屋敷 -(駅間)- 川西能勢口 -(駅間)- 池田 -(駅間)- 石橋

■宝塚線(その1) : 石橋 -(駅間)- 蛍池 -(駅間)- 豊中岡町曽根 -(駅間)- 服部天神 -(駅間)- 庄内 -(駅間)- 三国 -(駅間)- 十三中津梅田

■箕面線 : 石橋桜井牧落箕面

■能勢電 : 川西能勢口 -(駅間)- 絹延橋 -(駅間)- 滝山 -(駅間)- 鶯の森 -(駅間)- 鼓滝 -(駅間)- 多田 -(駅間)- 平野 -(駅間)- 一の鳥居畦野山下 -(駅間)- 笹部 -(駅間)- 光風台 – ときわ台 – 妙見口  山下 -(駅間)- 日生中央

阪急のLED表示が切れないためのシャッタースピードまとめ

能勢電鉄のLED表示が切れないためのシャッタースピードまとめ