撮影地メモ:服部天神~曽根

服部天神駅の北側にある踏切群。駅脇から55km/h制限のカーブにかけて3つあり、そこから先は連続立体交差区間となる。カーブを活かした撮影が可能だが、急カーブゆえに後部が切れがち。

服部天神駅

■ 服部踏切

■ 北ノ口踏切

■ 掛腰踏切

曽根駅


 

服部踏切

■上り(梅田方面)列車

■下り(宝塚方面)列車

後ろの、「服部」を露骨に何かに寄せたパチンコ屋が気になる…

【メモ】

服部天神駅の北側にあり、駅舎が面する踏切。駅名改称前の「服部」を冠している。2車線+αのかなり幅広い踏切で、駅前というだけあって常に人・車も多いのだが、歩道が分けられているわけでもなく、西側は2車線幅がないなど下町感がものすごい。

上り列車は奥のカーブを抜けて駅手前の直線になる。東側から望遠を使うとカーブを抜けてきたところが撮れないことはないが、300mmくらいは必要。西側からだと広角にしても後ろが隠れる。

下り列車は駅を出たところ。

◆東側から

梅田方向 宝塚方向

◆西側から

宝塚方向 梅田方向


↑ページトップに戻る



 

北ノ口踏切

■上り(梅田方面)列車

■下り(宝塚方面)列車

【メモ】

服部踏切の数十m北側にある踏切。ここから北側が急カーブになる。東側がカーブ外側にあたるため、上下列車とも東側からが良い。

上り列車はカーブ通過中。カーブ内側が道路で見通しがよく比較的後ろのほうまで写るが、最後尾までとなると難しい。正午すぎが正面・側面順光となる。

下り列車は直線からカーブに入る曲がりばな。遮断桿から撮るとほぼ直線区間の正面になるので、警報機と柵の間から撮るほうが良く後部まで入る。ただ西側にマンションがあるため、正面は順光になりづらい。

このあたりからなら、上り普通を撮影をして小走りすればそのまま乗車も可能。

◆東側から

梅田方向 宝塚方向
 

◆西側から

宝塚方向 梅田方向


↑ページトップに戻る



 

掛腰踏切

■上り(梅田方面)列車

■下り(宝塚方面)列車

【メモ】

カーブの出口側にある踏切。

上り列車は高架から一気に下ってくる列車を撮影。ほぼ正面向き。

下り列車はカーブを抜けてきたところ。北ノ口踏切の上り列車と逆に、内側は空いているが後ろまで入れるのは難しい。日の長い時期の夕方には正面と側面の一部が順光になる。

◆東側から

梅田方向 宝塚方向

◆西側から

宝塚方向 梅田方向


↑ページトップに戻る



阪急宝塚線の撮影地一覧

■宝塚線(その2) : 宝塚 – 清荒神 – 売布神社 – 中山観音 – 山本 – 雲雀丘花屋敷 -(駅間)- 川西能勢口 -(駅間)- 池田 -(駅間)- 石橋

■宝塚線(その1) : 石橋 -(駅間)- 蛍池 -(駅間)- 豊中岡町曽根 -(駅間)- 服部天神 -(駅間)- 庄内 -(駅間)- 三国 -(駅間)- 十三中津梅田

■箕面線 : 石橋桜井牧落箕面

■能勢電 : 川西能勢口 -(駅間)- 絹延橋 -(駅間)- 滝山 -(駅間)- 鶯の森 -(駅間)- 鼓滝 -(駅間)- 多田 -(駅間)- 平野 -(駅間)- 一の鳥居畦野山下 -(駅間)- 笹部 -(駅間)- 光風台 – ときわ台 – 妙見口  山下 -(駅間)- 日生中央