撮影地メモ:北千里駅

北千里側はトンネルからのカーブ、淡路側は直線と南北で大きく表情が変わる駅

■ 1号線ホーム・淡路方

■ 2号線ホーム・淡路方

■ 1号線ホーム・北千里方


阪急千里線の撮影地一覧


 

1号線ホーム・淡路方

■1号線到着列車

■2号線停車列車

■2号線発車列車【後追い】

【メ モ】

梅田方面行きの列車が到着する1号線ホームから。この駅は行先でホームを使い分けており、昼間は天下茶屋行きと梅田行きが交互に運行されているため、ホームも交互に発着する。

駅手前はちょうど8両分くらいの直線。駅の端はそこそこ広く、柵も低いのだが、折り返し駅ゆえの信号機がじゃっかん主張が強い。

線路は斜面に沿うように作ったというより、斜面の中途を通すように丘ごと造成したのだろうか。いずれにせよ、奥側は谷地が低くやや広い帯状の空間として線路に沿って伸び、そのさらに奥はマンション群と、いかにもニュータウンな光景が広がる。

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る



 

2号線ホーム・淡路方

■1号線発車列車【後追い】

■2号線到着列車

【メモ】

主に天下茶屋方面の列車が発着する2号線ホームから。1号線に入る列車は通常の相対式ホームでの対向列車の撮影に近く、撮影に問題はない。2号線に入る列車は転線する様となるが、やはり信号機の主張が強い。

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る



 

1号線ホーム・北千里方

■留置列車

【メモ】

ホームの終端側にはシーサスを挟んで留置線2本が線路をそのまま延長する形で設置されている。これらが万博輸送に合わせて設置されたことと、箕面線への延伸という見果てぬ夢の名残(もっとも阪急の場合は構想をたくさん打ってそのための準備投資も少なからず行うくせに、実際の着手は結局しない、というよくあるパターンのひとつ、という方が正確かも…)であることは有名だが、こちらに日中は列車が留置されている。

1号線からは、相対式ホームでの対向列車の撮影のようにこれを撮影できる。

・撮影方向:
・ 備考 :


いかにもなニュータウン路線の光景


阪急千里線の撮影地一覧

↑ページトップに戻る