撮影地メモ:西山天王山~大山崎(円明寺上一番踏切)

■ 踏切東側から

■ 踏切東北側の堤防から

■ 踏切西側から

■ 踏切西側の農道から


阪急京都線の撮影地一覧



 

踏切東側から

大阪方向 京都方向
 
【メ モ】

西山天王山駅名神クロスとの中間付近にある踏切。この付近は北側に農地が広がっており、農地の中央を流れる小川に沿う農道にこの踏切がある。

東側(淀川側)からの撮影については、梅田向きは機器箱があるため、望遠でその左側から撮影する(上掲2枚目、この場合架線柱が1本かかる)か、架線柱のトラス構造の隙間からの撮影になる。河原町側は角度があまりないが、上り坂なので背景がすっきりする。

ここから西山天王山駅までは桜並木となっており、背景の広がりもあって桜と列車が際立つ。桜の時期に臨時列車と絡めてみたい。

・撮影方向:
・ 備考 :

大阪方向 京都方向


↑ページトップに戻る



 

踏切東北側の堤防から

■踏切南側から
大阪方向 京都方向
 
 
【メ モ】

踏切脇の小川の対岸側の堤防から。基本的には下り列車用。線路脇まで近づくことができ、線路脇の柵は低いところにあり、かつ背景がすっきりする。特に午前が向いている。

ただ河原町側が分譲地になっており、あまり線路から離れての撮影はそのうちできなくなりそう。

なおここまでは、西山天王山駅から線路西側を歩き、突き当たりのガードをくぐってすぐ右の路地を抜け、アンダーパス出口に出たら向かい側の住宅地の中を抜けると辿りつける。地図によっては住宅地の中を抜けられないかのようになっていることもあるが、このルートなら駅から8分くらいで着けるはず。

・撮影方向:
・ 備考 :

大阪方向 京都方向
 
 
 


↑ページトップに戻る



 

踏切西側から

京都方向 大阪方向
 
 
 
 
 
【メ モ】

踏切の北側から梅田方面の列車を狙う場合、あまりスペースがないので架線柱のトラス構造の隙間から撮影するのが良い。坂を駆け上がってくる様を撮影可能。背後は住宅地だが、坂の上なので住宅地の背後はかなり遠く東山の山並みまで見通すことができ、開放感がある。

昼過ぎ以降順光だが、天王山の東側裾野なので影になるのは日没時刻より1-2時間早い。

・撮影方向:
・ 備考 :

大阪方向 京都方向


↑ページトップに戻る



 

■踏切西側の農道から

東方向 大阪方向
【メ モ】

踏切から上がっていく農道から。車窓からも目立つ、斜面に農地が広がっている場所だが、特に踏切から大阪側は8両入るだけの広がりがある。

ちなみに踏切から線路の山側に沿う農道を歩いてガードをくぐり、淀川側に沿う道をさらに歩くと、JRの佃踏切があり、さらに先に名神クロスがある。

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る





阪急京都線の撮影地一覧

梅田 -(中津)- 十三 -(駅間)- 南方 -(駅間②)(駅間①)(駅間0)- 崇禅寺淡路上新庄相川正雀摂津市 -(駅間③)(駅間②)(駅間①)- 南茨木 -(駅間②)(駅間①)- 茨木市総持寺 -(駅間)- 富田 -(駅間)- 高槻市 -(駅間)- 上牧水無瀬大山崎 -(駅間)- 西山天王山長岡天神西向日東向日洛西口西京極 – 西院 – 大宮 – 烏丸 – 河原町

天神橋筋六丁目 – 柴島淡路下新庄吹田豊津関大前千里山南千里山田北千里

阪急のLED表示が切れないためのシャッタースピードまとめ