撮影地メモ:茨木市~南茨木(その1・奈良街道踏切)

阪急京都線のなかでも有数の有名撮影ポイントか。ただその分、人大杉なことも。

■ 奈良街道上三番踏切

■ 奈良街道上二番踏切

■ 奈良跨線橋東側(その2)

■ 奈良跨線橋西側(その2)


阪急京都線の撮影地一覧



 

奈良街道上三番踏切

■上り(河原町方面)列車

 ◆踏切東側から

 ◆踏切西側から

■下り(梅田方面)列車

 ◆踏切西側から

 ◆踏切西側ちょっと離れて

 ◆踏切東側から

【メ モ】

茨木からの列車が安威川を越えてゆるやかに築堤を下ってくる場所。主に昼~夕方の下り列車を撮影するのに向いている場所で、隣の上二番踏切ほどではないがこちらも人気がある。

踏切の遮断桿に沿っての撮影か架線柱のトラスの間を通すことで架線柱がかからずに撮影できる。
また、この付近は築堤のためフェンスが低い。間は畑なので、少し離れて撮影するのにも適している。上二番踏切はフェンスが腰高なので、離れる場合はこちらのほうが良い。

難点はマンションがあるため、夕方は側面に影が落ちやすいこと。

・撮影方向:
・ 備考 :

◆踏切東側から

大阪方向 京都方向
 

◆踏切西側から

京都方向 大阪方向
 
 
 


小さくて読みづらいが、「奈良避溢橋」と書いてあった。避溢橋というのがあるのか…確かに盛り土で向こうが川=低いだろうから、そういうのも必要なのだろうな


↑ページトップに戻る



 

奈良街道上二番踏切

■上り(河原町方面)列車

 ◆踏切西側から

■下り(梅田方面)列車

 ◆踏切西側から

■モノレール

【メ モ】

同じく下り列車を撮影するのに向いている場所。

条件は上三番踏切と似ているが、畑の範囲が広いので側面に影が落ちにくい。難点は離れるとフェンスが邪魔になることと、狭くキャパが小さいこと。こちらのほうが人気っぽいのだが、狭い分ゆずりあいの余裕が無い気もする。こちらの方が駅に近いせいか通行者も多いので、せめて通る人がいるときのスペースは…

ところで「奈良街道上二番」と同「上三番」踏切だが、肝心の「奈良街道踏切」は存在しない(南茨木の反対側にある「蓮華寺踏切」や上牧~高槻市の「梶原踏切」など「上」や「下」のつく踏切にはたいてい中心の踏切がある)。
それどころかそもそも「奈良街道」なる街道がググっても付近に存在しない。踏切のすぐ北は「奈良町」という集落だが、街道ができるほどの集落ではなさそうだし、むしろ奈良街道があるからついた地名の可能性もありそう。

ネット検索と地図・地理院地図の航空写真の対比をしていくと、どうもJR茨木駅前から立命館大の東側・奈良町の西側を南北に走る道は中世の説話に登場する伝説人物「小栗判官」が熊野へ向かった「小栗街道」「判官街道」と呼ばれた道らしく、これを指すのかもしれない。
ただそのまま南下すると蓮華寺踏切を渡ってしまうので、途中で集落の中に入り、南下して「ブランズ南茨木駅前」の西側で中央環状線・南茨木駅にぶった切られ、駅を越えると復活して沢良宜駅の西側に達する細道が街道で、「奈良街道踏切」は南茨木駅に塗りつぶされた…というところなのだろうか

・撮影方向:
・ 備考 :

◆踏切東側から

大阪方向 京都方向

◆踏切西側から

京都方向 大阪方向


↑ページトップに戻る



阪急京都線の撮影地一覧

梅田 -(中津)- 十三 -(駅間)- 南方 -(駅間②)(駅間①)(駅間0)- 崇禅寺淡路上新庄相川正雀摂津市 -(駅間③)(駅間②)(駅間①)- 南茨木 -(駅間②)(駅間①)- 茨木市総持寺 -(駅間)- 富田 -(駅間)- 高槻市 -(駅間)- 上牧水無瀬大山崎 -(駅間)- 西山天王山長岡天神西向日東向日洛西口西京極 – 西院 – 大宮 – 烏丸 – 河原町

天神橋筋六丁目 – 柴島淡路下新庄吹田豊津関大前千里山南千里山田北千里

阪急のLED表示が切れないためのシャッタースピードまとめ

 


[ad#ad1]