撮影地メモ:大山崎駅

下り(梅田方面)ホーム・梅田方

■対象:上り(河原町方面)列車

■対象:下り(梅田方面)列車【後追い】

【メ モ】

下りホームの梅田方端部からは京都方面への列車が撮影可能。

JRをくぐるために新幹線と分かれてゆるやかに下っていく。水無瀬よりはマシだがこちらも端の方は広いとは言えず、撮影可能人数は少な目。

・線路状況:直線から手前でカーブ・高架・ゆるい下り
・通過列車:快速以上・高速
・列車方向:
・撮影方向:
・ 備考 :屋根あり、階段まで170mくらい


下り(梅田方面)ホーム・河原町方

■対象:下り(梅田方面)列車【後追い】

■対象:新幹線

【メ モ】

・線路状況:高架・下り
・通過列車:快速以上・高速
・列車方向:
・撮影方向:
・ 備考 :


下り(梅田方面)ホーム・河原町方

■対象:下り(梅田方面)列車

【メ モ】

京都方向は大きくカーブしているため、下り列車の撮影は上りホームからよりも下りホームからの方が適している。
下りホームの河原町方端部付近からは、JRとの交差をくぐってカーブしながら駆け上がってくる列車が撮影可能。
ただカーブの左奥側手前に民家があるため、8両編成の列車はひきつけないと最後尾が被る。架線柱を外すことや手前のホーム等を考えると、タイミングがややシビア。
50㎜以下のレンズにして、この民家と左の架線柱を重ねて、手前のガーダー橋を先頭車が越えるとこまで引き付けると良いか。ただし前パン車はさらに引きになるので構造物がごちゃごちゃするのは仕方ない。

・線路状況:カーブ・掘割→高架・上り
・通過列車:快速以上・高速
・列車方向:
・撮影方向:
・ 備考 :屋根あり、階段脇


 阪急京都線の撮影地一覧