撮影地メモ:仁川駅

■ 下り(宝塚方面)ホーム・宝塚方

■ 上り(西宮北口方面)ホーム・西宮北口方

■ 下り(宝塚方面)ホーム・西宮北口方


阪急今津線の撮影地一覧



 

下り(宝塚方面)ホーム・宝塚方

■上り(西宮北口方面)列車

【メモ】

下りホーム端部はかなり狭く、信号機もあるため撮影するスペースはほとんどない。撮影可能なのはせいぜい2人程度か。
阪神競馬開催時は仁川始発の臨時急行やヘッドマーク掲出車を目当てに撮影者が多くなるが、阪急の運転士は通過でなくとも黄色い線を踏んでいたら警笛を鳴らす人もいるようで、人が多かったら諦めた方が無難(たいがい居ずっぱりの撮影者がいるし…)。

なお隣には踏切があり、障検がある。

なお必ず右に写るホームはかつて阪神競馬開催時に使用されていた臨時降車ホーム。近時は年間で最大のレースである宝塚記念や桜花賞でも使用されないので、よほど異常な競馬ブームが来ない限りはもう使われないのか…?

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る



 

上り(西宮北口方面)ホーム・西宮北口方

■下り(宝塚方面)列車

【メモ】

坂を登ってきてから仁川の橋を渡ってくる形。今津線で坂を登ってくるところが撮れる場所は多くはないのだが、端の両脇に踏切があるのでこの障検が気になる。引くと障検だらけなので、350mm以上の望遠でその先を狙えれば。

ただレンズがあったとしてもホーム端は信号機に踏切報知器に踏切の柱にと柱がいっぱいあり、柵は低いのだが視界は良くない。また阪神競馬開催時の臨時列車運行時間帯は必ず係員が先頭に立つため、その点でも視界や撮影場所が狭まる。乗客は梅田・西北が先頭なだけにまあまあ待つものの途中で詰まるためか先頭付近が激混みということはないのだが。ということで撮影には向いていないという印象。

・撮影方向:
・ 備考 :



↑ページトップに戻る


 

上り(西宮北口方面)ホーム・宝塚方

■上り(西宮北口方面)列車

【メモ】

上りホーム宝塚側は広く、乗客も少ない場所。柵も低いので、入線する臨時列車の撮影と宝塚行き列車の後追いには適している。ただ1000系以外は前パンなので、どうしても引かざるをえず…1000系だったらもう少し寄りやすいのだが。

・撮影方向:
・ 備考 :被り無し



↑ページトップに戻る


阪急今津線の撮影地一覧

■北線

西宮北口 -(駅間)- 門戸厄神 -(駅間)- 甲東園 -(駅間)- 仁川 -(駅間)- 小林 -(駅間)- 逆瀬川 -(駅間)- 宝塚南口 -(駅間)- 宝塚

■南線

今津 -(駅間)- 阪神国道 -(駅間)- 西宮北口