撮影地メモ:トロッコ嵐山~トロッコ保津峡(その1・亀山公園 頂上展望台)

嵐山の町並みの西に隣接する、亀山公園。渡月橋と竹林の小径や大河内山荘などとを結ぶ回遊路の一部であるが、標高がそこそこあって西側からは保津峡の出口を望むことができる。その「頂上展望台」にはトロッコの通過時刻が書かれた看板もあるのだが…

■ 頂上展望台


 


 

頂上展望台

■トロッコ亀岡方向

【メモ】

嵐山公園亀山地区はあるいは単に亀山公園と呼ばれる当地は、小倉山の南端を公園として造成したもののようで、小座山の尾根に散策路が整備されている。

したがってその「頂上展望台」なる場所はそこそこ標高があって(といっても数十m程度で、楽に登れる程度)、展望が効く。

展望台にはトロッコ列車の写真と通過時刻が書かれた、擬木コンクリ造の立派な看板があり、大いに期待したのだが…

写真の通り、緑鮮やかな時期は桜並木に線路が覆われ、チラ見しかできない。

12月から3月くらいに行けば、列車が見えるのかな…

・備考:

公園の入り口は複数あるが、基本的には「頂上展望台」と書かれた道標に従って登ればよい。

単に一番高いところを目指すと、公園の北側に続く小倉山の山頂に行ってしまうので注意(途中から明らかに未整備になるが)


ちなみに保津峡を望める展望台はいくつかあるが、頂上展望台が一番線路に近い。


↑ページトップに戻る